私は幸せを願う母である


DEPrGEpXgAMXoI9 (Custom)


私がひきとったのは推定10歳のミスター・ボーンというピットブルテリア。
ニューヨークのアニマルケア・コントロールで殺処分を待つ身であった。

彼と暮らし始めて4年半だが、その間5回の口腔手術を受けている。
今日はその5回目の手術の日だ。

ミスター・ボーンの口は人間から虐待され傷つけられたとみられる
大きなダメージがあり、
2012年からドクターたちは懸命に治療を続けてくれている。
私は仕事を休んで、彼の手術すべてに付き添った。
投薬し、痛みをとり、清潔を保つ。手から食べさせ、
アパートの階段を35キロの身体を抱えて登ったり下がったりした。
買い物に、調理に多くの時間を費やし、クリームチーズ、
ターキーをボイルして、缶スープやツナ、ロティサリ・チキンまでも動員し、
食欲をそそられるようなものをあちこち探した。
そうしたら、こっそりその中に薬を忍び込ませることができるから。
肉を食べない私にとっては、けっこうチャレンジであるが。

今度の手術は一週間ほどで回復するだろう。
殴られたため、ほとんど歯がない。
半凝固してダラダラ流れている血も止まるであろう。
薬漬けの状態から抜け出すことができる。

このよだれだらけのキスを受けた人たちすべて、
ミスター・ボーンがこれまでよく頑張ってきた証だと思ってくれる。
舐められながら、いい子だいい子だと言ってくれるのだ。
彼が人間を許してくれるように。
そしてまた犬となるための戦う力をもってくれるように。
.
家族には7年前にアニマル・センターからひきとったシャロンもいる。
この2匹のため、トレーニング、行動セラピー、心身リハビリテーションに
長い年月と何千ドルを費やした。
彼らのことが心配で夜も眠れない日もあったが、
彼らが次々と問題を克服し、できる事がひとつひとつ増えていくたびに、
言葉にならない喜びをもたらしてくれるのである。

この2匹は私の子供である。
私はこの子たちが世界で一番幸せになるように頑張ってきた。
この子たちも私をすぐ信頼してくれた。

ニューヨーク・タイムズ紙で、
ペットの親が自分たちのことを親と呼ぶ風潮を
バカにする記事を掲載していた。
個人的にも批難されたことがある。でももう気にしていない。
私はこの子たちの幸せを願う親である。
親や子供という言葉は一つの定義ではなく、
流動的な無限の意味を持つ言葉である。

私の話は特別なものではない。
みんなそれぞれ、ミスター・ボーンのような犬たちに
関わっているに違いない。
これを読んでいる人たち、あなたもきっとそうであろう。
私のように子供たちを育てるのに忙しく、目をまわしている。
彼らにとって世界中で一番すごい母となって。

Elli Frank


https://pupjournal.com/dog-child-no-wont-stop-calling/?utm_content=bufferafd8d&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer


pit-bull-door-mat (Mobile)




スポンサーサイト

月へ行って戻ってくることをいとわぬほどの愛

tom hardy

マッドマックスなどで有名な英国俳優トム・ハーディーは
犬好きで知られています
最近、亡くした愛犬のウッドストックを偲ぶ記事が皆の胸を打ちます。
本文記事を短く短く抜粋翻訳しました。
オリジナルをぜひご覧ください。

ウッドストックを最初に見たのは
映画を撮影していたアトランタ州のジョージアだった。
夜も更けたころ、道路を横切っていた。

野良犬か。犬かどうかもわからない。とにかく保護しなければ、轢かれてしまう。
携帯の灯りで自分を照らさないとこちらが轢かれてしまうほどの漆黒の闇であった。
捕まえようとするも、犬らしきものはさっさとトラックが猛スピードで走る
真っ暗闇の高速道路へ消えていった。
車に跳ね飛ばされたらあのピロピロした耳はどうなるのだろうと考えていた。
私はパニックになりかけた。呼ぼうにも名前すらわからない。
とっさに指を口にくわえ、力の限り指笛を吹いた。

その音は闇をつんざいた。犬は止まり、瞬時に振り返り、私の目を見た。
そして死への途から踵をかえし、闇夜の中を私をめがけて走りだしたのである。
しかも歯をむき出して唸りながら。おいおい。。本当に犬だったのか。
噛みつかれるかもしれない。

しかし抱きかかえた小動物はやせ細り、恐怖で怯えている小さい犬だった。
大きな茶色の目で私を見つめていた。
車の中に連れ込むとすぐいびきをかいて寝入ったのをみると、
大変な苦労があったのだろうと胸が痛む。でももうそれも終わりだ。

あの夜のことは絶対忘れない。素晴らしい夜だった。
一分前まで死への道をひたすら走り続けていた11か月の犬は
見知らぬ男に拾われた。
爆睡したあと巨大なペットストアで男と一緒に玩具を選んでいる。
私は永遠にジョージア州に感謝する。
犬の飼い主になるという世界で一番素晴らしい恩恵に
あずかることができた場所である。

その後赤いバンダナをまいたウッドストックは
撮影所で多くの人と一緒に生活を始めるのである。
写真もたくさん撮ってもらい、
最も影響力のある動物としてタイム誌に掲載され、
ジョーズよりも有名になった。
彼に会った人間はすべてウッディを愛した。
「悪」というものは彼の中に存在していなかった。
骨の髄まで愛に満ち溢れていた。

私は普通は家族に関する個人的なことは言わないのだが、
ウディは実に多くの人に関わってきて、愛されてきたので、
敬意をもって皆さんにお知らせしなければならないと思う。
6か月の闘病生活を経て、2日前、天国へ旅立った。
まだ6歳だ。

彼はもう苦しんでいないという安堵の気持ちはあるが、
それらをすべて踏まえて、私の心はずたずたである。
彼が私の横にいる世界のほうがずっとよかった。
ウディは人生を共に歩く最良の仲間であった。
明るく輝く魂であった。
私達を見つけてくれて、選んでくれて、ありがとうウディ。
私達はお前を永久に愛し続け、
永遠に一緒にいる。絶対に絶対に忘れない。

お前への愛は言葉で言い表せない。
月へ行って戻ってくることをいとわぬほどの愛である。
終わりのないすべてを越えた愛である。
天国で先に逝ったマックスと天使たちと走っているいだろう。
私がそこにいく、その時にまた会おう。

トム・ハーディ



http://tomhardydotorg.tumblr.com/post/161532868851/i-first-saw-woodstock-running-across-a-turnpike-we

違うのはあなたの考えだけ

残酷な動物実験を行わない製品を買ってください


tumblr_o2mporhXVP1ruy0o6o1_500.jpg

Kuniko Norman-Taylor‏ @KunikoNT 20h
20 hours ago


More
動物は人間のためにいるのではありません。動物の身体は動物のもの。平和に生きる権利を有しているのです

tumblr_nx1nodsaM61tz3bv1o2_r1_1280.jpg

違うのはあなたの考え方だけ


fc2blog_20170607024859ab2.jpg



ペットショップで買わずにどうぞ保護施設から引き取ってください


tumblr_o9g5f3m93u1tz3bv1o1_500.jpg


illustration by Camilla Narea


静かな穏やかな存在



IMG_5329.jpg


裁判所で証言をするのは非常に辛い経験です。
犯人と対峙しなければならないこともあり、
しかもそこにいる人たちは知らない人ばかり。
トラウマになる可能性は十分あります。

このような状況を改善するために、合衆国を主として
裁判犬の導入という新しい動きがあります。
特に若い性犯罪被害者の裁判での証言は
常にトラウマになるとの研究結果が出ています。
証言をしているときに、襲われたときと同じ心理的体験を
することになり、すさまじい打撃を受けるということは
想像に難くありません。

そんな時に犬が「静かな穏やかな存在」として
証言台に一緒に建つことが許されます。
子どもが検察官から尋問を受けているとき、
足元に静に眠っているのです。

人間と犬との長い関係から見ると、
私たちにとって犬は
「悪い人がそばにいると教えてくれる」存在なのです。
そういう意味で、リラックスした犬がそばにいるということは、
そこは安全な場所なのだと子供がわかるのです。
被害者の血圧は下がり、心配や不安が減るのです。

カナダでも児童虐待の裁判のとき、
被害者の子供たちを落ち着かせるために
犬の入室が許可されました。少女は7歳のラブラドールのケイバ―と
証言台に立つことができたのです。
裁判の間、小jはずっと犬のリードを持ち、
何度も固く握りしめていました。

イギリスの法廷弁護人によると

「合衆国では広く行われていますが、
ガイドドッグなどを除いて、
イギリスではまだ実現していません。
こういった面ではイギリスはアメリカより10年オクレテいると
言われていますので、将来的には必ず追随する事と思います」

裁判犬は普通の犬ではなく、
何年にも渡り、訓練を受けてきた犬たちで、
その中でも裁判所に立ち会っているのは
ベストの中のベストだそうです。

C6WFH_kWYAAvM6K.jpg


C6WFJYLWYAAvIol.jpg

C6WFLXZWYAIkr0-.jpg

元記事と写真はMail Online







特別に優しい人たち

IMG_5318 (Custom)


老犬ジュレップに予期せぬことが起こったのは18歳の時でした。
飼い主が亡くなったのです。
老犬をひきとってくれる家族や友人は誰もいず、
とうとうシェルター送りという悲しい身の上になりました。

シェルターのスタッフはジュレップに独居小屋を与え、
玩具と毛布で一杯にし、撫でたり、さすったりしてあげましたが、
非常に不安そうでした。
老犬にとっては厳しい環境ですし、
飼い主が見つかるのはかなり難しい状況でした。

スタッフは語ります。

「老犬を探しに来る人はめったにいません。
ましてや18歳という年齢では。。」

3週間が経ちましたが、それでもスタッフは諦めず、
週のハイライト犬として毎週宣伝をしました。

そしてついに現れたのです。
最近11歳のピットブルをなくしたウェインが。。

フェイスブックでジュレップを見たウェインはすぐシェルターに飛んでいき、
出会った瞬間からウェインの確信は揺るぎなきものになったのです。
彼はこれだと思った犬は瞬間でわかるそうです。

輝く晩年の日々をシェルターではなく、家で過ごすべきだと
そんなに長くは一緒に過ごせないだろうが、
もう一日たりともシェルターで寝かせやしないと、
新しいお父さんはジュレップを連れてシェルターを後にしたのです。

スタッフは最後にこう結びました。

「シニア犬やシニア猫の利点はたくさんあります。
物を噛んだりしませんし、物事が判っており、
しつけもされています。散歩もそんなに必要ないでしょう。

しかし、その利点を越えて、
私は老犬や老猫を引き取る人たちというのは、
特別に優しい人たちなのだと思います。
ジュレップをひきとったウェインもその一人です。

ウェインはジュレップをひきとる事ができた自分を
幸運だと思っていると思います。
それがウェインという人を物語っているのです。
そういう人たちが特別に優しい人たちなのです」


3E8E8BDB00000578-4342612-image-a-30_1490279091033.jpg 3E8E8BC700000578-4342612-image-a-18_1490278990431.jpg

Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4342612/Man-adopts-18-year-old-dog-owner-died.html





プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR