Take a sad song and make it better


IMG_4987 (Custom)

エジンバラの長屋で生まれ育った私の部屋に家族で愛用しているものがある。
祖母からのミニ・グランド・ピアノだ。
この美しいピアノは地球の反対側まで旅をして、またここに戻ってきた。
私はいつもポール・マッカートニーになったつもりで弾いていた。

今私はそのピアノを前にして嫌悪感がつきあげてくる。
象牙製品を所有している人はすべて同じように感じるべきだ。
象牙取引は終わった。終わるべきである。

ナイフの柄、アンティークの爪楊枝。
そこには断首され、牙のない母象の身体に無力な小象が
なす術もなくすがりついている姿がみえる。
ゴリラの手の灰皿、ライオンの骨で作られたガラスも同じだ。

象が驚くべき知性の持ち主であることは疑う余地もない。
象は悲しむ。泣く、心の憐れを示す。ディズニー映画ではない。科学だ。
進化生物学者も動物習性学者も科学者も喜んでそれを証明してくれるだろう。

象の自然死から採取される象牙などほんの微々たるものだ。

英国の象牙取引は、終止符を打つと過去2回の選挙で公約されたのに、
なぜいまだに完全な終焉ができないのか。
英国はEUの中の最大の輸出国であり、
輸出書類が繰り返しごまかされている。
おまけに販売廃止案の中に
1947年以前に製法されたものは含まれていない。

象を殺戮されている31のアフリカの国が中国に圧力をかけ、
中国は驚くべきことに同意した。香港も。
中国は3月31日までに国営の象牙彫りの工場を閉鎖し、
2017末までには象牙取引を終焉させると発表した。

世界第二位の市場である合衆国も
象牙市場の国内ラインのほぼ完全廃止の方向を示唆した。
各州もさらに強化に拍車をかけるべく
独自に販売廃止を立案している。

そしてこの31の国は同様に英国にも働きかけた。
しかし、何も進展していないどころか、
政府は1947年以前の製品のトレードを可能としようとしてる。
多くのアンティーク産業が
決定的にダメージを受けると思っているからだ。

イギリス国内で象牙のセールスを全面廃止しても、
それだけで象を救うことができるほど簡単なことではないだろう。
しかし、象を生き延びさせるための方法をさぐる出発時点に戻り、
他の国と一緒になって素晴らしいアクションを起こすことができるはずだ。
イギリス国民の85%が象牙産業の全面廃止をサポートしている。

象牙が価値を持つのは象だけである。
金銭的価値をつけたのは欲望と虚栄心の塊の人間だ。
今この世に生きている私たちは
その虚偽の価値を取り去ることが可能なのである。
私達人間はもっとすごいはずだ。

ピアノに戻るが、政府は正しい音程を合わせることができるか?
Take a sad song and make it better
悲しい歌を明るい歌にしようじゃないか
(ビートルズ、ヘイ・ジュード)

Ivory is not beautiful
Nicky Campbell
Guardian UK
http://https://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2017/feb/09/ivory-is-not-beautiful-its-barbaric


スポンサーサイト

用意周到な戦略 -あなたのすることはすべて大切である

C1F8r5kXgAAv_6y.jpg
ロンドン地下鉄クラパム・コモン駅

最後に大切な事3つ

●効率よく効果的にスマートに

動物擁護活動をしている人たち、
あなたたちは本当に変化をもたらす事ができる。
ただエネルギーをがむしゃらに使うのではなく、
どうしたらより効果的に効率よく使えるか常に考える

●あなたのすることはすべて意味をもつ

あなたが誰かと動物のために話すたびに、
誰かがあなたのボタンやバナーや車のスティッカーを見るたびに
それは小さな勝利である。
大きなことでも小さなことでも
あなたのすることはすべて大切である。

●私たちは実際に勝利の道へ向かっている

恐ろしい動物虐待のビデオ、本やインターネットを見たり、
サディスティックな動物虐待の情報が入るとへこんでしまうのは当然である。

しかし、私たちは確かに確かに勝利への道へと進んでいる。
そのスピードは過去の社会的な正義を勝ち取ってきた
どの闘いに比べても早いスピードである。

思い出してほしい。女性に選挙権が与えられていなかったのも、
人間が奴隷として利用されていたのもつい最近のことである。

将来、過去にこんな恐ろしいことをしていたのかと
驚愕する社会になってもらうために、私たちが今何をすることができるか、
どういうふうにしたら変化をもたらすことができるのか、知恵を振り絞ろう。

2003年5月、3分の2のアメリカ人が
合衆国での畜産動物の虐待を阻止する強い法律の実施を
支持しているという結果が出た。

今は動物は少なくとも何らかの保護を受けるべきであると
96%のアメリカ人が考えているという結果がでている。
動物を虐待する産業は民意に逆らってまで
自分たちのやり方を永遠に続けていくことはもはや不可能である。

1990年までは動物保護に関する条例は一つだったのに、
それ以来次から次へと数多くの条例が通過している。

世界中でも動きは広がっている。
屠殺場で何が起こっているか、動物たちがどんな扱いを受けているかを
通りでデモンストレーションをする人たちが
どんどん増えてきているではないか。

インターネットの普及で活動の幅が広がり、
インパクトもどんどん大きくなっていっている。
PETAも無料のベジタリアン・スターターキットやレシピを配布し、
地域の活動団体を支援している。
また今まで誰も知らされていなかった屠殺場の現状を
カメラを忍ばせて衆知することができるようになった。

食べ物の選択肢が星の数ほどある人間たちが、
ただ好みの問題で、世界中で動物たちを残酷に
殺戮している。

動物の苦しみを迅速に効果的に終了させることが
私達の時代の緊急の責務であると硬く信じている。
そしてそれを実現させるためには
あなたたちの助けなくしては成就できない。


PETA のEFFECTIVE ADVOCACYから抜粋したシリーズこれで終了です。
食用動物のことを語ると、ささーっとひく人が多いけれど、
私はこのことを考えない日はありません。


世界中から動物がいなくなればいいのに

IMG_4919 (Custom)


韓国の犬肉市場から救出された犬。
ベッドの上に横たわるという事が理解できずに、
立ったまま寝ることしかできない。

韓国の犬肉市場の檻の中に閉じ込めらえていた200匹の犬たちは、
合衆国、カナダ、英国のアニマル・シェルターに1月20日収容された。


14匹の犬と一緒にフロリダのヒューメインソサエティに
送り込まれた3歳のハリエットは、
おそらく、ぎゅうぎゅう詰めの中で囚われていたのだろう、
ピンクと黒の毛布の上に横たわるということがわからなかった。

ボランティアは一日がかりで横になって眠るということを教えた。

「救出した犬たちは順調に回復し、適合していますが、
まだ恐怖のトラウマに苦しんでいます。

大変な道のりだったし、これからも時間がかかるでしょう。
ハリエットはもう少し体重を増やさなければなりません。
リードをつけて歩く事も理解していないので、
野原からシェルターまで抱えて運ばなければなりません。
しかし、尻尾を振って、ベッドにもぐりこむ、
犬の本来の姿を見れる日がそう遠くないことを願っています」



3C931ED000000578-4165276-image-a-60_1485550352140 (Custom)

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4165276/Dog-rescued-South-Korean-meat-farm-sleeps-standing-up.html

この記事に対するコメントに

「時々、世界中から動物がいなくなればいいと思う。
そうしたらこんなに苦しむ事はないから。
仮面をかぶった冷酷な人間たち」というのがありました。

世界中の至るところで行われている終わることのない
動物への搾取、虐待を思うと、本当にそう思います。








用意周到な戦略 - がたがた細かく騒がない

IMG_4751 (Custom)



私達は動物を苦しみから解放するために、
みんなで力を合わせて推進したいのではないだろうか。
ところが舵の取り間違いで往々にして
仲間になるべく人たちを追い散らかしてしまう事がある。

ビーガンの人たちの中には自分たちが純粋な存在であるかのようにふるまい、
ビーガンを教義としてしまいがちな人がいる。

忘れてはいけない。
ビーガン主義は最終目的ではない。
動物への残虐行為を終焉させる一つの手段である。

動物が必要なのは声をあげてくれる人だ。
できるだけ効果的に影響力を持った声だ。
ビーガンは、自己陶酔のトレンディな食生活術ではない。
動物を助けるためのものでなくてはならない。

一人がビーガンになると年間100匹の動物の命が助かる。
あなたの知人がビーガンになるとその2倍の動物が助かる。

なのになぜみんな簡単にビーガンにならないのだろうか。
まず、生活するうえで不便だと思っている人が多い。
またチーズやアイスクリームなどをやめるのは難しいと尻込みする人も多い。

そういう人たちにたとえば、チーズやアイスクリームをのぞいて、
動物を使った製品をやめてみてはどうかと励ませばよいのに、
牛がどれだけ大変な目にあっているか滔々と解く。

せっかくビーガン・ハンバーグを選んで食べている人に
それをはさんでいるバンにどれだけバターが入っているかをうんぬんする。

パンの中の少量のバターにストイックなまでの執着をみせていると、
動物の苦しみという焦点がぼけてくるし、何の変化ももたらすことはない。
これは私たちのゴールではない。

いつもいつもいつも念頭に置いて欲しい

ビーガンは教義ではない。
ビーガンは動物の苦しみを終焉させるものである。
ビーガンは食材料のリストを挙げたり、食べ方のルールではない。
ビーガンは動物を助けるために私たちができるベストなことである。

たとえば、あなたが肉を食べる人たちとレストランに行ったとする。
その時パンの中に何が入っているかわからないとか、
ウェイターに素材をこと細かに聞いたり、
焼き方を指示したりするのは
ビーガンのエッセンスからはずれた行為である。

テーブルに座っているほかの友人たちは、
もしかしてビーガンに興味があるかもしれない。
その人たちがあなたの注文の仕方や材料の執拗な吟味をみてたときに、
ビーガンというのはややこしそうだ、むずかしそうだと思うに違いにない。
試そうという気もちも失せてしまうかだろう。

もし自分の口に入るものがそんなに気になるのなら、
事前にレストランに電話して、アレンジを済ませておけばよい。
会社のパーティなどで、
食べるものがわからなければ、持参すればいいのだ。

とにかくがたがた細かく騒がない。
動物の苦しみを憂慮していることが
神経質で執着心に取りつかれたナルシストという印象を与えないで欲しい。
動物たちのために。


PERSONAL PURITY VS. EFFECTIVE ADVOCACY - PETA


残りの犬たちの命に対しても始まりの日です

IMG_4879 (Custom)

最近、レスキュー・センターのサイトを見ていると
「元韓国の食肉用犬」という紹介文を見かける事があり、
調べてみると、韓国から保護した犬たちは、イギリス、合衆国、カナダへと
送られているという事が判りました。


食用犬工場の檻の中に押し込まれ、死を待つだけになっていた犬6匹が、

先月、韓国から午前7時、英国航空で24時間のフライトを経て、

ロンドンのヒースロー空港に到着した。

先に到着していた2匹の仔犬たちと一緒に早速、健診を受け、

ロンドンへと出発した。

8匹の仔犬たちはマイナス10度になる檻の中から

生まれて初めて自由に動きまわれるようになったのである。

 

中国、フィリピン、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアで

およそ3000万匹の犬、加えて韓国で250万匹以上の犬が毎年殺されている。

イギリスのミラー紙は隠しカメラをもって

ソウルから東へ100マイル離れた

ブサンとモラン市場の裏通りにある

劣悪環境の中で閉じ込められている

200匹以上の恐ろしい現状を記録し、発信した。

その後、韓国政府は食肉用犬マーケットの最大収容所

モランを閉鎖すると発表した。

これで年間8万匹の犬の命が救われることになる。 

今回お保護犬のうちの2匹、

ゴールデンレトリーバー雑種のブリジットと

スパニエルコリー雑種のニーナは

チャリティ医療「匂いを察知する犬」のプログラムに引き取られることになった。

 

ドッグレスキュープログラムを運営している

ヒューメインソサエティインターナショナル

ウエンディ・ヒギンズの談

「イギリスに連れてこられた犬たちを見ると、

私たちの努力が違いを生み出せるのだとを確信させられます。

犬たちにとってもそして犬肉農場を閉鎖し、

助けようと運動している人たちすべての人たちにとって、

非常に感慨深い日となるでしょう。

そして残りの犬たちの命に対しても始まりの日です」

 

 

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR