バスターが死んだんだぞ

Picture 167 (375x500)

At St John's Wood

ハッタスリー卿はイギリス政界の要人かつ重鎮です。そしてすぐれたジャーナリストでもあります。
今年の初め卿は15年連れ添った雑種のバスターをなくしました。
彼がデイリーメールに寄稿した記事は胸をうちます。抜粋しようと思いましたが、やはり削れませんでした。
長いですが、ほぼ全文です。

犬が死ぬということはおそらく日常のささいなことであろうに、
私はその大きな喪失感に耐えられず、身の置き場がなくなってしまう。

私の元へ全速力で駆けてくるときの首輪のタグのちりんちりんという音。
風呂に入れた後の濡れた犬の匂い。30秒で食べる朝ごはんのボウルのかちゃかちゃいう音。
私のシャワーが少し長くなったとき、突然ぬっと入ってくる姿。
タオルをとろうと手をのばし、思いがけず彼の顔に水滴がかかった時の恨みがましい顔。
雨そぶるピーク・ディストリクトへ彼に催促され出かけた時のひどい寒さ。
彼のいびきで夜中に眼が覚めたり、出かける時のハーネスの装着が複雑で面倒くさかったこと!

しかし叶うことなら私はまたもとのあの不便な生活に戻りたくてしょうがない。

ロンドンからダービーシャーに戻る車の中で眠っていたはずなのに
なじみの村の角っこを曲がると突然起きて歓喜の声をあげる。
家に戻って一部屋一部屋臭いをかいだあと、階段の踊り場で窓の外で行く人々を眺める。

バスターと階段に座ってよくやるゲームがあった。
ビスケットを一方の手に隠し、バスターの前に差し出す。
バスターは手でそっと入っているほうの私の手を叩くのである。それはそれは優しい叩き方であった。
ゲームはいつもバスターの勝利に終わるのであった。こんな小さな思い出がとても辛く胸を刺す。

誰にとっても自分の犬は特別である。なので私は書かずにはいられないことだけ書留めよう。

ラップ・トップのコードにからまるバスターを見ない朝はなかった。
暖炉の薪の匂いをひとつひとつチェックしていくバスターの手伝いなしでは冬が始まらなかった。
玄関にスーツ・ケースを見つけると、その間に座りこんだ。
まるでまだらのスーツ・ケースがひとつ加わったように。
もちろん、彼も一緒に行くつもりであることを明確に知らせるためである。

客がバスターの席(だと彼がみなしている席)に座ると、
客の横に体をぴったり密着させ座っていた。
猫やウサギや家畜とはうまくいかなかったが、人間は大好きであった。
私の本の出版のときは読者のおばあちゃんがおやつをもってきてくれるのを楽しみにしていた。
決してノーと言ったことはなかった。講演のときは拍手のときだけ一緒に吠える。

この10週間私は考え続けていた。私が彼の奴隷だったことはさておき、
私と彼をつないでいたものは何であったのだろう。

私は彼が自分の心の支えであることを楽しんでいた。
そして彼も私のことを心の支えだとみじんも疑っていなかったその気持ちを賞賛する。

彼は「希望」を放射していたのだ。

毎朝食料ドアを開けると後ろに必ずバスターが立っていた。何かもらえると期待して。

バスターのことを先天的楽天家と呼んでいたが、
彼のことを毛皮を着た人間だという風にみなしたことはなかった。
彼は犬である。

人間のテーブルで物を与えたことはない。犬専用のベッドで寝かせた。
犬として扱うことが彼に対する敬意である。
バスターが犬であってくれることで十分である。それ以上彼に望むことはない。

15年間彼の成長を見てきた。賢くなるのを見てきた。年老いていくのを見てきた。
獣医は彼は天寿を全うするだろうと予測した。
これ以上疲れて続けられなくなったときが逝くときだと。

「そのときは彼はあなたに教えるよ。」と獣医は言った。

そしてその通りになった。

短くなった毎朝の散歩でさえもきつそうだった。
朝ごはんもゆっくり食べると決めてしまったようだ。
そして一旦横になるともう起き上がるつもりはなかった。

最後の決断はバスターにとって一番良い方法に基づくものでなければならないが、
私の安楽死の選択をひきのばしたいという気持ちとの戦いであった。

ある朝 私は一瞬の苦悶のときを過ごした後、獣医に電話をかけた。獣医はすぐやってきた。

バスターはブルーチーズのかけらを食べながら死んだ。
普段は食べることを許されなかった、錠剤を包むときだけ口に入れられた大好物だったブルーチーズ。

私の悲しみだけが特別だというつもりはない。どれだけ多くの家族が落胆と絶望に陥っているだろうか。

ただ事実をここに述べさせて欲しい。

人生の中でバスターが逝ってしまったことほど痛みを感じたことはなかった。

そして人前で我も忘れて泣いて取り乱したこともなかった。

一階の私の仕事部屋の窓から人々が日々の生活を送っているのをながめているとき、
驚きとともに怒りを覚える。
なぜそうやって普通どおりの生活を送っているように振舞っているんだ。時計を止めろ。
バスターが死んだんだぞ。

犬を過小評価するなかれ。彼は永遠に続く財産を残してくれた。
彼が与えてくれた喜びの思い出である。

バスターにお手やおすわり、ごろり、握手、死んだまねなど教えるつもりはなかったし、
彼も新聞をくわえてもってくるようなまねもしなかった。

しかし、彼は ―たいしたことではなかったのかもしれないが、

私の人生を変えた。

バスターは私の人生は犬なしでは考えられないことを教えてくれた。

またレスキューセンターへ行って雑種の犬を家に連れてかえることは
バスターへの裏切りのような気になった時期もあったが、10週間後また私は探し始めた。
新しい犬はバスターの代わりではない。誰もバスターの代わりにはなれない。
彼の後継者はまったく別の犬である。

ただしその犬はバスターが輝きをもって示してくれた
[犬を所有することの至上の喜び」を再び証明してくれるであろう


メールオンライン2010年1月11日Roy Hattersley ノーマンテイラー訳

卿の当記事の原稿料はブルークロスアニマルトラストに全額寄付されました。

bg (189x300)
メールオンラインより転載

原文と写真
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1242173/Roy-Hattersley-How-I-miss-beloved-dog-Buster.html

スポンサーサイト

大の男が号泣するとき

CHn9fgSWUAEZq7U.jpg

photo by Phillip Morris「大の男が号泣するとき」より

皆様 

電子書籍 「大の男が号泣するとき」をお買い上げくださり、
本当にありがとうございました。

2015年12月から2016年6月まで90ポンド(約一万3千円)、
アマゾンから入金されました。

今回は神奈川県動物保護センター建設資金へ一万円
そして残りを少し足して50ポンド台湾の The Pack Sanctuary in Taiwanへ寄付させていただくことにしました。

これから7月から12月までの売り上げがありましたら、
イギリス国内の動物チャリティに寄付させていただくつもりです。

そして今年一杯でこの電子書籍は引き上げ, また何か新しい企画を考えます。

応援してくださった皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございます。


ノーマンテイラー邦子







ゴリラの死を悼む肉食者たち

IMG_4088.jpg

オーストラリアの倫理学者哲学者であるピーター・シンガーは
最も影響力のある現代の哲学者と称されています。
有名な「動物の解放」は多くのベジタリアンのバイブルです。

最近アメリカの動物園で子供がゴリラの檻に落ちて、
ゴリラが射殺された事件がありましたが、
6月15日LAタイムスに寄稿した彼の記事が静かに胸を打ちます。
タイトルは「ゴリラのハランべの死を悼む肉食者たち」

先日、シンシナティ動物園で4歳の子供が塀によじ登り、
前日17歳の誕生日を祝ったばかりのゴリラ、ハランベの檻の中に落ちた。
子供とゴリラは10分ほど一緒にいたが、
ハランベは襲いかかる意思があるようには見えなかった。
しかし子供の足をひきずり回していたので、
あのスピードと力では水の中に落ちて溺れるか頭蓋骨を割る可能性があった。
 
動物園側は子供の安全を確保するために射殺した。
トランキライザーは発効するまで時間がかかるし、
ゴリラが興奮して暴れだすかもしれない。
 
人々の反応は様々である。園に対して怒りを表す者。
たかがゴリラじゃないかという者。
同じような反応がライオンのセシルとマリウス、
コペンハーゲン動物園のキリンが殺されたときにも見られた。
 
自分の子供の食事には肉を与えている人々が、
他人の子供の生命が危険にさらされている状況で、
ハランベを殺したと怒り狂っている。
 
動物に対する人々の態度は変化しつつあるが、
たいていは混乱し、矛盾していて一貫性がない。
 
動物関連のこういった報道は使う言語にも混乱が見られる。

ハランベに関する記事はどんなにゴリラに同情的でもwho ではなく
itを使う。It はもちろんwho よりも対象を低く見ているということである。

ニューヨーク・タイムズ誌も最初は thatを使っていたが、
その後、ネットではwho に修正していた。
動物に名前がある場合は
who に書き換えなければならないというマニュアルがあるそうだ。
しかし、動物は椅子や岩とは違う。
人間が名前をつけようがつけまいが、
意識があり感情があるものは物ではない。
 
少年の家族は「園がとった措置を感謝する。
子供のせいでこんな事になって大変申し訳ない」という声明を出したが、
そこにはハランベの名前はなかった。
捕獲された動物を子供に見せて喜ぶ家庭が、
「動物は個々の存在である」という見解はないのであろう。
 
このような事が起こると、責任者を見つけようと必死になる人々がいる。
動物擁護者たちは、
少年の命がゴリラの命よりはるかに重要だとは
自動的には考えないだろうし、
麻酔銃を使用すべきだと思ったであろう。
しかし、そう言うのは簡単である。
自分の子供が体重400ポンドもあるゴリラに引きずられていたらどうであろう。
射殺を選択した動物園を責め立てることができるだろうか。

寄せられている苦情電話は子供を心配するより、
ゴリラを射殺してしまった悲しさや憤りが大半を占めている。
ところが、アフリカで、しとめた獲物の前で笑っている
多くのアメリカ人に対しては苦情も告発もない。
 
今回の出来事の中で着目しなければならない事は、
私たちはまだ娯楽のために動物を閉じ込めているという事実である。

民衆の抗議により、
メジャーな水族館で行われていたシャチの繁殖は廃止された。
何年にも渡るマスコミの批難を受け、
リングリングブロスは象のショーをやめた。
今回のハランベの死は、ただ眺めるためだけに
動物を閉じ込めているという事実を再認識させるものである。

本来ならジャングルで暮らしているはずのハランベは
檻の中に入れられ、食べ物も他の仲間と交わることも、
すべて制限があった。
彼は待遇の良い囚人であった。
しかも何も罪を犯していない囚人である。

自然界の棲息域は少なくなっており、
絶滅しそうな種は
安全な場所で保護しなければならないという人もいる。
サンクチュアリーは確かに必要な場合もある。
しかしサンクチュアリーは動物園ではない。
サンクチュアリーは種を保護するためだけでなく、
個々の動物の福祉を優先事項とする。

動物の事を知れば知るほど、私たちとは違うということがわかってくる。
ダーウィンが言うように、
違いは深さではなく、種類がもともと違うのである。
動物は知性と感情を持っている。キリンもライオンもゴリラも。
そして毎日切り刻まれてサンドイッチにされる動物たちも。

「サッカーをする七面鳥」と検索してみて欲しい。
3羽の感情を持った生き物が
はっきりと楽しい時間を過ごしているのを見ることができる。

シルバーバック種のゴリラ、ハランベは
豚や七面鳥などの動物は食べなかった。
私たち人間も必要ない。
そんなものを食べないほうが
地球のためにずっと良いということは広く行き渡っている。

ハランベの死を悲しいと思っている人たちは
もう一度考えて欲しい。
今回の動物園でのあんな切羽詰まった状態ではない時に、
殺すという選択が正義を問う状態ではない時に
考えて欲しい。
動物を娯楽のために幽閉することをどう思う。
スポーツのために、ファッションのために、
あるいはこの味よりあちらの味が好みという事で
殺される動物をどう思う。

彼を撃ち殺した人々を批難するかわりに、
私たちが動物に何をしているか。
無駄に死んでいく多くの命を救うために
私たちに何ができるか。
ハランべの死は、そういう事を
今一度考えてみる機会として捉えるべきである。


先週、シンガー氏はオーストラリアから
ロンドンの大学に講演をしにやってきました。
一般公開もされていたので、すっ飛んでいきました。
今回は動物の話ではなかったのですが、、
地理的に遠く離れた人たちでも、困っているときは
助けようとすることが人間であるという倫理学でした。
私たちは最低3つのチャリティ団体に
何等かの貢献をすべきであると。

穏やかな上品な素敵な先生でした。

写真はレクチャーが行われた大学の建物です。


亡くなる前に動物園の残酷さを広く伝えたはな子

IMG_3972 (5)


海外在住の私でも、衛星放送で日本のNHKニュースを
リアルタイムで見る事ができます。
象のはな子の死は一点の曇りのない美談として放送されていました。

ところがイギリスのニュースでは象を虐待したと怒りと批難の嵐です。
日本と海外では本当に同じ象のことを話題にしているのか、
しばらくわかりませんでした。 どうなっているのでしょう。

以下は署名サイトです。
和文があるかどうかわかりませんでしたので、ざっと訳しました。

署名宛先人:井の頭公園自然文化園、堀秀正副園長兼飼育係長

目的:罪のない動物が老いて孤独の中で死んでいくような事態を
二度と招かないよう再発防止を要求



日本の動物園で飼育されていた象のはな子は、
象にとって必要不可欠な精神面での刺激や楽しみを与えられず、
長く孤独な生涯を終えた。
終生コンクリートの囲いの中で玩具も、草木もなく、
たった一匹で囚えられていた「世界一孤独な象」と呼ばれている。

象は知能指数も社会性も情緒的にも非常にレベルが高く、
自然の中では他の動物たちと関わりや絆を結ぶ。
はな子はその必要性を最後まで満たされるチャンスは与えられなかった。
ひどい環境に生涯閉じ込めておいた動物園の責任は計り知れない。

これまではな子の悲惨な状況に心を痛めた海外の動物擁護家たちは、
はな子を象のサンクチュアリーに移すように何度も署名を集め、
資金を集めたが、何ら聞き入れられる事はなかった。

はな子は普通の生活のかけらも味わうことができずに死んでいった。
この美しい生き物はこんな形で生きるべきものではなかった。
動物園の責任を問い、このような悲劇が
今後他の動物に二度と起こらないように強く要求する。


以下は堀飼育係長への署名文です。ご賛同の方はネットで署名をしてください。
私は署名させていただきました。

堀副園長兼飼育係長殿

あなたの監視下のもとで、はな子という名前の象が玩具も植物も与えられず、
仲間もいないコンクリートの囲いの中で、孤独のまま死んでいきました。

以前から何度も、はなこ子のために良い環境を願って、
多くの人々が嘆願書を提出し、資金も集めましたが、
何も聞き入れられませんでした。
本来ならそんな嘆願書は必要ではなかったはずです。
はな子があんな残虐な環境の中で
生きていかなければならなかった正当な理由はまったくありません。

はな子はもうこの世にいません。
はな子の幸せになるチャンスは完全に消えてしまいました。
世界一孤独な象として死にました。

すべてあなたのせいです。
二度と再びこのような環境で動物を囲っておくことがないように、
園の動物たちがそれぞれの固体が必要とする自然な生環境を与えられ、
刺激を受け、幸せに生きていけるよう
あなたの責任で実行して頂くよう強くお願いいたします。

https://animalpetitions.org/131740/justice-for-worlds-loneliest-elephant-now-dead/

また今回の件に関して日本のPEACEさんのご意見が
私の気持ちと一緒ですので、ご紹介させていただきます。

井の頭自然文化園のゾウ「はな子」の死に寄せて        

本日、井の頭自然文化園のゾウ「はな子」が死亡したとのニュースがありました。

晩年、外国人ブロガーが署名を立ち上げたことで話題になりましたが、
単独飼育のゾウの問題は
日本の保護団体も訴えてこなかったわけではありません。
しかし、もうかなり以前から、
高齢で動かすこともできないというのが管理者側の見解でした。

亡くなったことにより、
再び「愛されてきたはな子」
「動物園の献身的な世話」といった美談が数多く流されることでしょう。

しかし、亡くなるまで改善することすらされなかった狭いコンクリートの獣舎、
家族で暮らすべきゾウがひとりぼっちでいること、
それらがゾウにとって虐待であった現実が消せるわけではありません。

人間の「ゾウを見て楽しみたい」
「子どもにゾウを見せてあげたい」というエゴの犠牲になったはな子。

東京都及び井の頭自然文化園には、
二度とゾウを導入することのないよう求めます。
また、はな子が亡くなったことで、
井の頭自然文化園の動物飼育の廃止自体を議論すべきときが来たと思います。
1つの自治体にいくつもの動物園はいりません。

亡くなる前に動物園の残酷さを広く伝えたはな子。
どうか安らかに眠ってください。
天国にコンクリートの檻はありません。

そして、どうか家族と会えますように……。


http://animals-peace.net/wildlife/hanako-death.html



用意周到な戦略 - 敬意を持って人に接するべし

IMG_3194.jpg




カーネギーの原則 2

いかなる状況のときにも敬意をもって人に接するべし


動物擁護のチラシを渡したり、デモをしているとき
かなりの確率でヘンな事を言う人がいるであろう。
侮辱的な言葉を発する人がいるかもしれない。


頭にきて応戦したくなる気持ちはわかる。
でも言い返してスッとするのは数秒である。


それよりも、感じの悪いあなたにスポットライトが当たり、
それを聞いた回りの人が引いてしまうことは必須である。
となるとあなたの主張など誰も聞いてくれるわけはない。
これは動物擁護者は過激な人が多いとい
う間違った偏見を助長するのみで、動物の助けになっていない。

つっかかってきたり、いちゃもんつけてくる人たち、
チャチャをいれてくる人たち。
そういう人たちに丁寧な応対をするのは嫌だと思うかもしれないが、

信じよ。

私たちの長年の経験が語る。


そういう人たちこそが、実際は過去にやってみたことのある人たち、
やってみようかと思っている人たち、揺れ動いている人たちなのである。
ゆえに反応が攻撃的なのである。
無関心の人は声もかけないであろう。


私たちは常に敬意と優しさをもって対応すべきだ。
そうしたって誰も傷つくわけでない。
反対に背を向けていた人が耳を傾けてくれるかもしれない。
その人たちが友人や家族にも伝えてくれるかもしれない。


あなたの声のトーンやボディランゲージから話しの内容まですべて
あなたは見られている。保証する。





プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
http://howslife.tk/
いのちを守る 神奈川県動物愛護推進応援団
Kanagawa Prefectural Government Animal Protection Promotion Supporters
contact: alicetigger24★hotmail.com

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR