FC2ブログ

日本もやがてこうなる

IMG_8393 (Custom)

イングランドでは2020年4月から仔犬仔猫の第三者
(店頭、オンラインなど)販売禁止法が施行されることになりました。
これで仔犬仔猫購買希望者は
認定ブリーダーからのみ可能となります。あとは保護団体。

新法は以下

仔犬仔猫は安全な環境で出産させ、母親と一緒に暮らす。
販売場所は出生地に限る。
これは仔犬工場の多くが海外にあり、
イギリスに運びこんで売るというルートを絶つ目的である、

長年の間、仔犬工場で残酷な扱いを受け、
2016年に死んだキャバリア・キング・チャールズ、
ルーシーにちなんで作られた「ルーシーの法律」の
キャンペーンの推進者であり、獣医である
マーク・エイブラハム氏の談

「ルーシーは私の知る限り、
トップクラスの可愛さをもった勇敢な犬でした。
ルーシーの法律が議会に承認され、
来年から新法が施行されるという事実に感慨深い思いです。
ルーシーと、過去と現在の犠牲動物たちに
「やったよ!」と大声で知らせたい」

ドッグス・トラストの獣医長

「効果的に行われるためには
さらなる細かい追加項目が必要になると考えています。
来年四月までにはまだ時間があります。
海外からの動物密輸入を厳しく取り締まるためにも
仔犬仔猫たちがどこから来たのか追跡できるシステムを
英国の保護団体、サンクチュアリー団体などど提携して
規則を細かく作っていって欲しいと思います」

今回の法案をサポートしてきたマイケル・ゴーブ環境省大臣も
新法によって動物たちはベストな環境で
生命のスタートを切ることができると喜ぶ。

BBC News


ルーシーの法律に関する当ブログの記事は以下です

もう取引のテーブルから降りてもらう

ツィッターでこのニュースをお知らせしたところ、
フォロアーさんのひとりが

「日本もやがてこうなる」とコメントをくださいました。

そう、私がブログを始めたきっかけもまさにこれ。

イギリスのこの運動も10年はかかっています。
この人たちはあきらめずに10年も運動を続け、
ペットショップに仔猫仔犬を見ない日を
実現させることができたのです。

日本もやがてこうなります。

puppy.png

photo BBC News


スポンサーサイト

国の恥だ

IMG_3088 (Custom)


春が好きだ。新しいこと、
希望に満ちたたくさんの事がこれから起こるようだ。
しかしこの季節に開催される犬の品評会(クラフト)で落ち込む。
そこから立ち直ったと思ったら、今度は競馬のシーズンだ。
そしてもちろんあのグランドナショナルである。

今年はエインツリーで3頭の馬が、
チェルトナムフェスティバルで数匹の馬が死んだ。

フェスティバルとはおかしな言葉だ。
馬への愛はなどひとかけらもない。
賭け、ドレスアップ、シャンペン、
人間のためのフェスティバルだ。
馬の福祉は何も考えていない。

競走馬は世界一手をかけられているという言葉も聞き飽きた。
ほとんどは23時間、厩舎に閉じ込められ、
馬にとって非常に大切な他の馬との接触はない。
食餌も理想的ではなく、馬本来の自然な行動が許されない。
痛みや怪我や病気にさらされている。

人間も動物も毎日怪我のリスクに晒されているが、
それが生きるということである。
しかし、人間の娯楽のために
馬が怪我や死の危険と背中合わせに生きているという事とは話しが違う。

エインツリーの死後、たくさんの記事を読んだが、
どれもスポーツにはリスクが伴うと書いてある。
それに関して、二言三言、物申させていただきたい。

まず第一にもしジョッキーが馬と同じくらいの頻度で
怪我をしたり、死んだりするスポーツであれば、
直ちに対策を講じるのではないか。

2番目にもしこの動物のリスクが許容範囲だと思うのなら、
なぜ事故が起こったとき、テレビカメラが隠すようにしているのか。

だれでも足を砕いた馬がその場で射殺されるところを見るのは不快であり、
首を折ったアップフォーレビューが2分間痙攣を起こすところを見ると
シャンペンの味もまずくなるであろう。しかしこれは現実だ。
実際アップフォーレビューの事故のときは隠す暇がなく公衆の目に触れ、
多くのレースファンがひき、賭けを辞めた人たちもいた。

よいことだ。もっと言う。

馬は自分が選んで柵を越えているのではない。
馬は自分が選んでレースをしているのではない。
私たちはむちを打ったときに馬のあざや熱が
どのくらい残るのか研究しようとしたが、
もちろん競馬協会は拒否した、そうだろうね。
必ず倫理問題にひっかかるからね。
ではなぜ続ける。ひょっとしてお金?

ばかげた帽子をかぶり、ドレスアップして、
仲間と酒を飲んで興じるのは私は一向に構わない。
しかし優雅で美しい動物の苦しみ、過剰繁殖、
放棄、残酷な死は許せない。
グランドナショナルはグランドではない、国の恥だ。

Emma Milne
National Disgrace




ポルトへカモメを見に行った

IMG_8999 (1) (Custom)
世界で一番美しい本屋さん Livraria Lello, Porto, Portugal.



旅行の準備をし始めると必ずスーツケースの上でくつろぐ

IMG_8197 (Custom)

毛だらけスーツケースをもって
今回はロンドンから2時間のポルトガルのポルトへ

IMG_2800 (Custom)

老ペットや病気のペットを残して旅行するのは心配ですが、
ペットが元気なときは、私は旅行することにしました。
もちろん信頼できる安心できる預け先を確保することは
言うまでもありませんが。

IMG_8319 (Custom)

カモメを至近距離で見ることができるシアワセ

IMG_2915 (Custom)


いつもと違う景色も見ることができたし

IMG_2863 (Custom)

良い時間だったし

IMG_9004 (Custom)


猫や犬も元気だったし
案ずるより産むが易しだ

IMG_8191 (Custom)







一緒になって喜びあいましょう

IMG_8182.jpg

どんなに小さい事でも、すべてお祝いしましょう。

安心して眠ってる
遊んでる
あなたのそばにきた
あなたと一緒の部屋にいると安心している様子
ドアから出てきた
見知らぬ人や犬に会っても大丈夫になった

こういった小さなこと、
ひとつひとつができるようになることが進歩なのです。

恐がる犬になってしまうのはいろいろな要素がありますが、
普通の犬のようになって欲しいだけなのに、
なんでこんなに難しいんだろうと、
飼い主にとっては訳がわからないやら、悲しいやら。
そして犬にとっても。

しかし、どんなに小さいことでも、一つ一つよくやったとほめ、
ご褒美をあげ、優しい言葉をかけてみるのはどうでしょう。
(怖がりの犬は触れることがストレスになりますので
ここは状況を見て)
飼い主と犬と両方で苦しむのではなく、
一緒にチームとしてできた事を喜びあいましょう。
犬も恐いと思っていたことが
本当はそうでもないんだと思うようになってくれます。

時間はかかるかもしれませんが、力づくでは決して進みません。
愛されているとわかってくれるよう、
小さな一歩一歩を積み重ねていきましょう。


FB Welfare for Animals

我が家のアーチーもバタシー・ホームの折り紙つきの恐がりでした。
「猫とうまく犬」を希望していたのですが、
さらにその上をいく「猫を怖がる犬」というアーチーがやってきました。

最初に家に連れて帰ったときのことは忘れられません。
リードで連れていく部屋、庭に行くことは行くのですが、
こちらが止まるとそこで微動だにしません。
またリードで引っ張ると動くのですが、
表情がない、喜怒哀楽がない。すべてに固まっていました。
足が怖い、棒が怖い。男の人が怖い。
自転車に乗っている人も怖い。

猫たちが通りすぎるとき、眼をみないようにし、
顔を床につけて伏せをしているのが不憫でした。

今は猫と玩具の取り合いをし、
ドスのきいた声で追いかけまわしています。

もうタイは好きなものはなんでもいつでも食べてよい



david (Custom)

2月28日
獣医はタイはそんなに持たないだろうと言ったが、
タイは闘わずに退場はしない。今までも。これからも。
僕の知る限り最強の犬だ。

しかしそのタイでさえも、タオルを投げる日が来る。

腹は膨らみ続けている。
もう凛々しい立ち姿の写真を載せることはない。
腹のふくらみで横になるのさえも息をするのさえも苦しそうだ。
しかし機嫌も食欲もまだ大丈夫

さて、もう家のルールは放り投げよう。
タイはもう好きなものはなんでもいつでも食べてよい。
今年の春は暖かくてよかった。
今日は19度。日光浴が今日のタイの仕事


52968576_10157037846736740_3591378453787574272_n (Custom) (1)

3月9日
僕のヒーローはとても勇気があった。
無事にあちらにつけよ。
また会う日まで


53811992_307243799993565_5711665634429894656_o (Custom)

by Photographer David Coppen
David Coppen

David さんに写真と文章をお借りする許可をいただきました。
彼の撮る老犬の美しさ



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR