世界は良くなった。スピラがいたから 5

IMG_5953 (Custom)


Q: あなたの活動に興味をもっている人はたくさんいます。
しかし未経験の人、お金のない人など、フルタイムで活動をするのは
難しい人たちがいるかもしれません。どこからどうやって始めたらよいか、
アドバイスを頂けますでしょうか

A: ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムの活動をやっていたときは
私はフルタイムの教師でした。レブロンのキャンペーンのときも
まだ教師をやっていました。
思うよりも時間の配分は上手にできるものですよ。
本当に何かを成し遂げたいと思ったら、
時間はいくらでも見つけられると思います。

編集者に手紙を書くことから始めてはどうでしょう。
一般枠の投稿で地域のコミュニティや学校などの新聞に
投稿するのはいかがですか。
ニューヨーク・タイムズの一面にの載せるフルページの広告から
スタートする必要はありません。
投稿する場所はたくさんあります。
あなたが本気であり、良質な記事を書く事ができるならば。


Q: 動物擁護者がおかす最も多い間違いとはどんなものでしょう

すべてが一日で成就すると思いこむこと。
無理でしょう。
一歩一歩の積み重ねです。実行可能なことから始める。

たとえば、学校や職場の食堂に、
もっとベジタリアン・メニューを出すように依頼する。
地域の新聞に記事を投稿する。
あるいは食卓にのる食べ物がどういうふうにやってくるかを
新聞記者に書いてもらうよう興味を抱かせる。
あなたが書かなくてもいんです。マスコミの記者に書かせるのです。
図書館にもあなたの好きなビーガン主義や
動物の権利についての本を置いてもらうように説得する。
一人だけでもできることはたくさんあります。
この積み重ねがやがて大きな成果を生むようになるのです。

動物のために闘っている間、
血が逆流するような事に出くわすことが非情に多いでしょう。
ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムの手足を切断される猫たち、
メキシコの残酷な牛の殺害方法、レブロンのウサギ実験などなど。
それを知ったとき怒りに燃えませんか。あなたはそれもどう対処しますか

この世界を聖者と罪人、良い人と悪い人に
分けてみるべきものではないと思います。
たとえば人間は動物を食べることを
意識して選んでいるわけではありません。
小さいときに、肉を食べると強くなると言われて育っている。
研究者は動物実験をするものだと受け入れています。
それに対しても意識的に選択しているわけではありません。

あなた方が攻撃しているのは
実は個人個人ではないのだと思います。
人々を下劣で卑劣だとみるのではなく、
システムを変えたいと思うことです。
それがわかれば、個人をつるしあげ、責め立てるのではなく、
問題に焦点を当てる事ができるようになります。

Q: 今後、活動家はどんな目標をたて、どんな事が達成できるでしょうか。

一番大切なことは畜産業の実態をみんなに知ってもらうことです。
ビーガン・ダイエットを促進することも欠かせません。
このふたつは個人の健康のためでもあり、
環境を守るという点から非常に大切なことです。

一人一人の努力がどんなに小さくても、
大きな変化をもたらせることができると信じること、
それがすべてでしょう。

新聞に一つの投稿をする。それが自信を与える。
カフェテリアにビーガン品を増やさせたとなると、
それがまた、自信となってさらなる行動へとつながる。
最初は達成しやすいもの、できるものから始め、
あなたと同じような活動をしている人とネットワークを作るのです。


23807290146_90f5c14898_b (Mobile)

このインタビューはこれで終わりですが、
スピラ氏にはまたちょこちょこ登場していただきたい。


スポンサーサイト

シローが思うのと同じくらい

IMG_5971 (Custom)



私達のビューティフルなシローをご紹介します。
彼女は新しい家族が必要です。
シローが思うのと同じくらい
シローが必要だと思ってくれる家族を探しています。

シニア・レディのシローは人生の大半を外で鎖につながれていました。
新しい小型犬が家に来たとき、シローは外にだされたのです。

何日も何日も同じ日が続き、構ってもらうことも愛もなく、
誰かやってくるのを汚い場所で待つだけの毎日でした。
どんどん伸びていく草に埋もれて、
シローがそこにいるのさえわからなくなっていました。
幸いなことにいつものぞいていたお隣さんが
かわいそうなシローのことを報告してくれたのです。

素晴らしいシローを見てやってください。
人間と一緒にいるのが大好きです。
本当はベッドで飼い主さんとまるまって寝たいのですが、
クレートでも大丈夫だと言っています。

シニア犬ですが、歩くのが得意で、散歩が大好きです。
退職をした方やお子さんが巣立った人たちにとって
偉大なるパートナーとなりましょう。

Make a Difference Rescue


23032823_1604051956281832_52553123639648367_n (Medium)



アメリカの保護団体の譲渡会のお知らせに登場していた犬の釣り書きに
心をつかまれ、アメリカまで引き取りに行きたくなるほどでした。



冬時間になりました



IMG_5917.jpg


電話線ボックスに描かれた有名な落書き。ロンドンのあちこちで見られます。


いつもご訪問ありがとうございます。クロリス君も元気かな。



世界は良くなった。スピラがいたから 4

IMG_5870 (Custom)

Q: あなたの最初のキャンペーン、
ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムでの
勝利のことを語っていただけませんか。
それからレブロンへ進むわけですよね。

A: どこから始めようかいろいろ探しました。
一般論で人にわかってもらうのは難しいです。
シャープで分かりやすい問題が人を呼び止められるのです。

私たちはニューヨーク市のナチュラル・ヒストリー・ミュージアムで
残虐な実験が行われていることをつきとめました。
20年以上にもわたって猫や子猫を切断していたのです。
これを一般の人が知ったら、どう思うか。
彼らは誰の益にもならないことのために
虐待を続けていたのですからね。

ミュージアム側に話し合いを申し込みましたが、拒否されました。
そこから私たちのキャンペーンは始まったのです。
一年半続けました。しつこくやることがすべてです
。もしあなたのターゲットが企業であれば、終わるまでやり続けることです。

Q: 一年半どんなことをしたのですか?

A:毎週末デモをしました。
ミュージアムに寄付する人たち、市役所、企業、個人、
ありとあらゆる人たちに申し立て、
ミュージアムが動物実験をやめるようにプレッシャーをかけました。

Q: 効果はいかがでした?ミュージアムはダメージを受けましたか?

A: マスコミが注目してくれるようになりました。
議員が動きだし、ミュージアムには苦情の電話が殺到しました。
遺産寄付をしようとしていた人たちも相次いで中止の意向を示し、
通常受けるはずのサイエンス・コミュニティからの
サポートも拒否されました。
動物実験が責められるべき時代が来たのです

Q:結果は?

A: 一年半後実験は廃止され、研究所は解散しました。

Q: このミュージアムのキャンペーンが
レブロンへの布石となるのはどういう経由でしょうか。

A: ミュージアムの成功である程度自信がつきました。
レブロンは私たちと話し合いを何度もし、
いろいろなアクセスもくれましたが、
結局何もしませんでしたね。
一年間の討議で何も変わりませんでした。
そこで私たちは
「レブロンは美のために何匹のウサギの眼を
失明させているのか」というキャンペーンを打ってでました。

このポスターはマスコミで話題になり、
レブロンの担当者はすぐ首になりました。
新しい担当者と私たちはロックフェラー大学で
代替え実験を行うことに同意し、
レブロンは資金を投入することになりました。

すぐ私たちはエイボンにもコンタクトをとり、
数日以内に同じような資金開発をとりつける契約を
結ぶことになります。
それから次々と他の化粧品会社と協議し、
代替え実験のセンターをジョン・ホプキンズに
設置することに成功したのです。

より良い選択代替えがあることを理解した企業は、
ぐずぐずしているよりはさっさとやったほうがいいと判断しました。



hartung-lush-prize-conference-2014-3-638.jpg



犬が処方された

IMG_5867 (Custom)


2013年にさかのぼるが、私は鬱で病院に通っていた。
そのとき、犬を飼ったらどうかと精神科の医師に提案されたのだ。

どんな天気の日も運動をする。家の外に出るようになる。
良い出会いに巡り合う。
家に帰ると自分がいないと生きていけない
無償の愛を与えてくれる誰かが待っている。
私の鬱の治療の一環として犬が処方された!

いろいろ考えた結果、家主に許可をもらい、バタシー・ホームに登録した。
仕事が忙しく、2014年の8月にやっと時間の余裕ができ、
バタシーに何度か足を運び、オンラインでいつもチェックしていたが、
これだと思う犬は私のような犬を飼ったことのない人間には
ハードルが高すぎた。フラストレーションを感じたが、
今まで大変な犬性を送ってきた憐れな犬たちが
犬の経験のない私の世話になるのもかわいそうだ。

9月中旬の日曜日、バタシーからぴったりの犬がみつかったと電話があった。
6歳半の雌のジャックラッセル。レイラという名前だ。

リホーム・アシスタントと少々おしゃべりをした後、
レイラと私を二人きりにしてくれた。
レイラは普通の犬がやるように部屋中を嗅ぎまわり、
私のところにやって私の匂い嗅ぎ、私の顔をなめた。
あっちこっちへ行っては、私のところにきて舐める。
私たちはうまくやっていける。
スタッフが戻ってきたとき私の答えはイエスだった。

家に連れて帰ると、レイラは生まれてからここにいるように、
自分の席はソファの私の横だと決めたようだ。

それからの4か月は面白いとしかいいようがない。
毎日少なくとも3時間は散歩に出かけ、レイラも私も友達をたくさん作った。
犬なしの人生はもう想像できない。

そしてちょっとしたボーナスだが、私はスリムになった。
願わくば、精神科の先生がもうちょっと早く言ってくれていたらなあ。


Leila1.jpeg


Leila's Story

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR